• 蘭姐麗(らんじぇりー)

らんじぇりーの自腹でGO!!女性向け風俗体験取材~福岡ガールズエクスタシーエピソード②~

最終更新: 2019年3月10日


2018/11/19

■前回までのお話

東京に集中している女性向け風俗店ですが、地方での需要もあり、福岡で活動されている

福岡ガールズエクスタシー(以下ガルエク)の優斗さんに経歴、開業までのお話を伺いました。今回はお店の特色や、女性向け風俗に対する思いなどを中心にお話を進めていきました。(福岡ガールズエクスタシーエピソード①)


■お店の特色や運営していく上での悩みなどや、在籍キャストさんに対して思う事とは?

(ゆ:優斗さん・蘭:蘭姐麗)

蘭「私は各お店のサイトを毎日チェックしているのですが、ガルエクさんは1ヶ月先の予約状況のスケジュールを公開されていますね?」


ゆ「はい。そうしたほうが、お客様は問合せしやすいのではないかと思って公開しています」


蘭「出勤情報さえも公開していないお店もあるので、まさに明朗営業ですね!」


ゆ「ここまで公開していいかな?と悩んだのですが、パッと見ただけで安心して利用してもらえるようなお店を目指しています」


蘭「私は謎めいた感じでもいいと思ったんですが、ある店に当日問合せしてみたら、連絡のやり取りがスムーズで無かった事がありました。当日なので当然の事かもしれませんが出勤状況がわからないと、本当に営業しているの?と不安になりますし、その日は利用することなく終わり、事前予約が鉄則と思いますが、急に予定が空いて行きたいなという時もあるもので」


ゆ「僕もキャストとして現場に出張しているので、連絡のやり取りに関しては悩みます。最近は一緒に活動してくれるキャストも加わって、お客様とキャストとの連絡係が出来るスタッフが必要だなと思っています」


蘭「個人で開業されている方は同じ悩みを抱えていると思います。最近は在籍キャストさんと直接メールのやり取りをしているお店もあるようですが」


ゆ「うちも、キャストにはお店が管理しているメールでやり取りしてもらうこともあります。お客様との距離感などはきちんと線引きするように指導しています」


蘭「そこはお店で管理してほしいですね。窓口がいくつもあると連絡のやり取りが大変ですし、連絡の行き違いや、情報管理などはしっかりしてほしいです」


ゆ「常に心がけていることは、丁寧な応対、目で見てわかる安心感を与えることです」


蘭「連絡のやりとりにしても、任せて安心出来そうだというのが伝わってくるお店は利用してみても良かったと思います。在籍キャストさんに対して思う事はありますか?」


ゆ「女性を傷つけないことです。お客様には心の満足、身体の満足を得てほしいので、求められていないことをしない事です。採用に関しても独自の採用基準を設けています」


蘭「ルックス重視といっても、こういった職業は中身が大事だと感じます。独自の採用基準というのは具体的にどんなところでしょうか?」


ゆ「穏やかさが滲み出ている人、話を聞くのが上手な人、相手に寄り添える人を求めます。それから生活に余裕がないと、このお仕事は難しいです。求人の問い合わせや応募は頂くのですが、何回か段階を経て、お仕事に対する意思確認をします。カッコイイから誰でも採用というのは出来ません」


蘭「登録料や講習費なども各お店によってシステムがだいぶ違いますね」


ゆ「そういったお金は頂いていません。道具などはリストを作り、各自で用意してもらいます。講習費も無償です。講習モデルさんもお客様にお願いしていて、感謝しています」


蘭「登録料・講習費にも賛否ありますが、お店の得ばかりを追求してはいけませんね。確かに宣伝広告費や諸経費などあるかもしれませんが・・・」


ゆ「僕自身も育ててもらっていると思いながらしていることなのです。そこはビジネスとして考えたくないのです」


蘭「お店も増えると、どこのお店さんも優れたキャストさんを確保したいと思いますが、登録料や講習費がビジネスだけの為のものであってほしくないですね。ランキングで上位を獲得しているから必ずしも大丈夫とは限らないのかなとも感じます」

■ラブホデートはこんな具合に・・・

気づいたらお話だけでもあっという間に時間が過ぎてしまいそうだった。

話が少し落ち着いてきたら何だか・・・お腹がすいてきた・・・。ホテルのロビーの

ドリンクやおつまみなどを取りにいくも、足りないような感じになってきた。


蘭「優斗さん、お腹すきませんか?何か食べ物を注文しましょうか?」


ゆ「いいですね~。お腹すきました!」


とおもむろに、メニュー表らしきものを開くとそこにあったのは・・・なっ何とUberEatsの使い方ガイドだった。お食事はこれで何とかしてチョって事です。それは調べてなかったけど、早速アプリをダウンロードして注文。なんとホテルのお部屋まで届けてくれるのですから、とっても便利です。


ちなみに支払いはカード決済ですから、ご主人様名義のカードをお使いの奥様方はご用心です。わりと激しい雨降りにもかかわらず注文から20分ほどで、美味しいチキンが到着しました。そうそう、領収書もメールで届くようになっていますので、経費で落としたいお姉様にもGOODです!!


■お腹もいっぱいになったところで・・・

蘭「優斗さん、足湯でもしませんか?」


ゆ「ではお風呂にお湯を貯めて、ガウンに着替えましょう!」


フロントで貰ってきた蘭(デンファレ)の花をお風呂に浮かべ、しばし足湯を楽しみます。

お腹もいっぱいだし、温まってきたら・・・いい感じにリラックスできたので、はい、お次は・・・お待ちかねの添い寝タイムです・・・。


少し照明を暗くして、ベッドに入りました。このところパートナーにツレなくされたり、仕事で嫌な事が続いたりして、心がトゲトゲに尖がってしまっていました。ちょっと目の前の色々な思いは捨て、今この瞬間は忘れようと、優斗さんにしっかり受け止めてもらったのです・・・。


相手の目を見る、手を繋ぐ、ハグをする、キスをする、肌のぬくもりを感じる・・・ハードなプレイでなくても十分に心は満たされるものだと思います。また、男性経験が少なかったり、段階的に女性向け風俗を試したいという方にはノンセクシャルな形式の利用も検討してみると良いでしょう。


また定期的に性病検査もされて、Twitterでも結果報告をされている点は好感がもてます。

ユーザーの私共も、受けるべきだと思います。検査についてのレポもぜひ読んでください。

■非日常を感じて、日常を充実させてほしい・・・

私が作成したアンケートに風俗利用女性について一言、という問いに非日常を感じて、日常を充実させてほしいと優斗さんが書いた言葉。本当にその通りだと思う。また増え続ける女性向け風俗店についてどう思うか聞いてみた。


ゆ「お店がたくさん増えるのは、色々な選択肢が増えるという点では良い事と思っていますがビジネス目線だけで増えるのは好ましくないです」


蘭「私自身も一時利用する情熱が冷めたというか、ふつうに恋愛してみたいと思って卒業がふと思い浮かんだ瞬間もありますが、同じように卒業を視野に考えている女性もいると思いますがどうでしょうか?」


ゆ「もちろんそういう気持ちも理解できます。心の拠り所ではないけれど、美容にお金をかけるように、後腐れなく性的な悩みを解消できる場として、安心して利用できるお店でありたいです。」


お店のアピールポイントを聞くと、「難しいな~」と悩まれていた優斗さんでありましたが、私にはお話している間に想いはしっかり伝わって参りました。優斗さんが目指す、目で見て安心がわかるお店というのは、もうすでにガルエクさんをご利用されたお客様も感じていることと思います。


ご多忙中にもかかわらず取材を快く引き受けて下さったことに感謝します。今後も福岡ガールズエクスタシーがより多くの皆様に愛されますよう陰ながら応援いたします。


~福岡ガールズエクスタシーエピソード②完~

恋多き女☆らんじぇりー

2,338回の閲覧

​※当サイトに掲載されている画像および文章等の無断掲載及び使用を固く禁じます

  • @ranjarie