• 蘭姐麗(らんじぇりー)

人生のターニングポイント・女である事を思い出した夜


  2018/8/28

離婚してシングルマザーになった私は、恋愛とか再婚、そういう事には一切興味がわかず、仕事、子育て、日々の生活でいっぱいいっぱいだった。


その頃の仕事はけっこう重労働で、体のメンテナンスの為に、近所の鍼灸院に通い始めた。

いつも担当してくれる先生は、歳も近く、感じも良かった。膝の痛みに悩まされていて、

歩くたびに膝と、足の指がジンジンとひびき、体も悲鳴を上げていた。


私「痛っ・・・」

先「これで、よく歩けてたね・・・でもすぐ治してあげる」

先生は私の足に慣れた手つきでスルスルとテーピングを巻いていく。


先「ちょっと歩いてみて、違和感ないかな?」

私「痛くない!!えっ、嘘みたい・・・」

先「よく我慢してたね・・・っていうか笑った顔初めて見た」


私はハッとした。私の顔、笑ったって?!

先生に言われるなんて、普段どんな顔していたんだろう。

痛みから解放され、体が軽くなると、こんなにも世界が変わるのかと思った。


先「次いつ来られますか?」

私「今週はちょっと忙しいから・・・」

先「痛い間は毎日来てほしくて、忙しいのもわかるんだけど」

私「じゃああさって、同じ時間に・・・」


帰り際に「待ってますよ」と私の肩にポンと触れ、笑顔で治療室に戻っていった。

デートの約束みたいに話す先生、これは勘違い起こしちゃうよと参った。

職場でも家庭でも、私を”女”としてチヤホヤしてくれる相手はいないのだから、いい気になるのも当然だった。


つぎの治療の日。約束通りに先生のところへ行った。

待合室で隣にいた常連の女性が「あの先生いい男よね」と私に耳打ちした。

思わず私は赤面し、下を向いた。このご婦人、人生長いこと生きているといろいろお見通しヨ!と言わんばかりだった。私の浮ついた心が読めたのかもしれない。


先生もお仕事、私もそこは好きとかそういう感情持っちゃいけない!と言い聞かせながら

治療用ベッドに横たわる。先生の手は大きくて分厚くて柔らかくて、いい匂いがする。


「今日もだいぶ疲れているんじゃない、眠れてますか?」

「ええ、眠れてないです・・・。わかります?」

「食事も早食いしてるでしょ?」


先生は私の手首をつかんで脈を取っていた。東洋医学の治療のひとつと言っていたけど

色々お見通しなのだと。私の下心まで見えてやしないか、ヒヤヒヤした。


「貧血とか、辛くない?生理はちゃんと来てますか?」

「たしかに・・・生理は・・・いちおう来て・・・」

耳元でお代はいいからと、お腹にお灸をしてくれた。なんだか体が急にポカポカと温まり子宮の奥がキューンとなり心地良い熱さを感じていた。


気付いたらすっかり、寝落ちしてしまっていたようで、先生がトントンと腕を叩き、

起こしてくれた。私があわてて、ベッドから飛び起きようとしたら、グッと先生が

私をお姫様抱っこするように、おこした。私の大好きな手の感触、先生の匂い・・・


治療院はシーンと静かだった。私と先生ふたりきりだった。

大丈夫?このあと予約ないから、もう少し休んで行く?」

(これって・・・誘っているのかしら、それとも・・・お商売なの?)


「先生・・・アタシ、子供のお迎えあるから帰ります・・・」

すごい色々高まりかけた駆け引きを中断し、グッと堪え治療院を後にした。




その夜、とてつもなく後悔した。ハグぐらいしても良かった。キスぐらいイケたかも・・・

もっと言えばその先だって・・・。アタシ、女に戻れるなんて思ってもいなかった。

子宮の疼く感じ、肌の火照り、こういう感覚がまた蘇るとは思っていなかった。


ふとんにくるまって、自分であちこち触って慰め、女の時間を楽しんだ。

お灸の効果も先生の施術の効果もあったと思う、この上なく濡れた夜だった。


これがのちに女性向け風俗の扉を開くきっかけとなっていきます。

人生どこで、どんな出会いや展開が待っているか本当にわかりません。


治療院の先生とはそれっきりで、時々思い出すものの昨年末

「移転しました」というおハガキが届いた。


先生からの「お変わりないですか?」の直筆メッセージ。

もし、先生に再会したらどうなることでしょう・・・。


~恋多き女☆らんじぇりー~


215回の閲覧

​※当サイトに掲載されている画像および文章等の無断掲載及び使用を固く禁じます

  • @ranjarie