• ビデ婦人

秘密の乱交クラブ・他人のセックスを間近で見た初めての相互鑑賞プレイ・前編



2018/10/14

・夫との関係に見切りをつけた私は・・・

悩んだ末に、婚外セックスを謳歌していました。

例の3Pサークルにすっかり魅了されて、月に1度~2度くらいの頻度で通っておりました。サークルには厳しい掟がありました。参加の希望を、申し出ると、日取り、メンバーの募集と選出、セッティングはすべてオーナーの独断と偏見で決定されます。

(※私の初めての3P経験前編はこちら後編はこちら。)

女性が負担する費用は無料。参加男性が会費を負担していました。また、メンバー同士での連絡先交換もご法度。プレイ中もオーナーの監視の目が常に光っていました。


特にオーナーのお気に入りの女性と接しているメンバーに関しては、その目は一段と厳しかったようです。私は特に目をつけられる事はなかったのですが、ここだけの話として男性メンバーに聞いた話ではオーナーの逆鱗に触れるような行為や発言をすると、参加することが出来なくなったり、除名もありましたとのこと。男の嫉妬ほど怖いものはありませんよ・・・と。


・オフ会に参加しないか?

オーナーからお誘いがあったのは、通いはじめて5度目のこと。

所属メンバーと、希望の女性を集めた乱交パーティをしようという。最初にホテルバイキングで食事をし、その後、オーナー宅で楽しもうというのです。

普段厳しいオーナーも、どこか孤独を感じていたのでしょうか。その日は多目に見ていたのかもしれません。後で聞いた話、そういう隙を狙って連絡先交換をする男女もいたのです。


私は他人のセックスにすごく興味がありました。間近で見る機会が巡ってくるとは思いませんでした。どのような過程で男女が盛り上がっていくのか、女性はどんな声をあげるのか、男性が女性の体をどう扱い、結合したらどうなるのか、男性の息づかい、腰づかいなど、しっかり目に納めたいと妄想を膨らませていました。


当日、指定のレストランに集まったメンバーは男性16名、女性5名。年齢は20代~40代、オーナーに引率されながら、レストランに入る様はこれから繰り広げられる乱交シーンを想像すると滑稽なものでした。端から見たら、会社の食事会のように見えたでしょう。


食事を終えた一行は、オーナーが管理する部屋へ移動し、到着すると早速部屋の準備に取りかかりながら、メンバーの組み合わせ発表が行われると、順番にシャワーを浴びていきました。ふだん、3つしかないマットレスも、女性の人数分用意され、ひとりずつ専用マットを使うよう指示されました。


シャワーを終え、準備が整ったメンバーがそれぞれ部屋に上がってくると、女性はそれぞれのベッドへ。まず3組ずつやっていこうと、あとは時間差で順次持ち場につくよう、オーナーが指示しました。


・ベッドルームへ・・・

私は最初のグループでした。隣のマットに腰かけていたのは、食事の時に一緒のテーブルだった23歳の佳奈。前下がりのボブヘアーと長身でスラリとした手脚が印象的な佳奈。 彼氏が出来るまでの遊びと通い始めて、すっかり3Pの虜になったそう。とても真面目そうな彼女が男の前、セックスの場面で豹変する様をこれから目にするのだと思うと、今までにない興奮を感じていました。


佳奈にそれを伝えると、彼女も同じく他人のセックスを拝みに来たと答えました。

私の近くに膝を抱えて座ると、肩をチョンとつつき、ウインクを送ったのでした。


彼女とは何か通じ会えるものがある・・・。

秘密の扉を開けたら、もう2度と戻って来られないような気さえした。


つづく

妻でもない、母でもない自分自身に~ビデ婦人~

0回の閲覧

​※当サイトに掲載されている画像および文章等の無断掲載及び使用を固く禁じます

  • @ranjarie